メインページ > 二胡 練習のコツ > 初心者は右手の人差し指を使わない

初心者は右手の人差し指を使わない

最終更新日 : 2009/05/10

 ボウイングは「魚が泳ぐように!」「肩から下の力は抜いて!」と何回も注意されていて、それはわかっているのだけれど、実際、意識して力を抜くというのがこんなに難しいことだとは思わなかった!

 ですよね。

 究極の脱力楽器・二胡の練習者にとって「力を抜く」というのは大命題である。

 そんなとき力が抜けない元凶のひとつとなっているのが右手人差し指の存在だということにある日気がついた。

 人差し指を弓の竹の部分に触れないと心に決めて練習するだけでだいぶ違ってくる。

 触れないようにするためにかえって力が入ってしまっても最初は仕方がない。でもまだ人差し指で竹をガッチリホールドするよりはいい。触れてもいいのはダウンボウイング(拉弓)の時に角度の加減でちょっとだけ、である。

 右手の親指人差し指は(利き手が右の人にとって)最もコントロールが利く=最も力が入りやすい指である。だからこれは使わない。

 ひとつ不便で不安定な要素があるとかえって安定することもある。

 以前古武術家の甲野善紀さんがフルート奏者(記憶が曖昧ですが山形由美さんだと思います)に一枚刃の高下駄を履かせてフルートを吹く練習をさせたら画期的に音が安定した、という話をテレビで観たことがあるがそんなようなものかもしれない。

「とは言ってもプロの演奏を見ると結構人差し指、竹に触れてますよね」

 あの音が出るようになったらどんな格好で弾いてもいいのだろう(ただし二胡演奏には見た目の美しさも要求されます)。それまでは人差し指はとにかく使わないようにすると結構違ってくる。

参考:
古武術で蘇えるカラダ―写真と図解実践!今すぐできる (TJ mook)
古武術で蘇えるカラダ―写真と図解実践!今すぐできる (TJ mook)




サイト内検索


  • お店や教室の情報をお待ちしております。こちらからお寄せください。
  • コンサート、CDリリース、書籍・楽譜出版などの情報もお待ちしております。こちらからお寄せください。
  • 二胡に関する質問はこちらからお寄せください(すべてにお答えできるとは限りません。ご了承ください)。

RSS対応サイトであれば、RSSリーダーに登録しておくといちいちアクセスしなくても登録してあるサイトの更新をまとめて知ることができ便利です。
よく利用されているRSSリーダーにlivedoor ReaderGoogle ReaderGoo RSSリーダーなどがあります。詳しくは各リーダーのサイトをご覧ください。